SMP24-第8弾キット 1/24 512S Berlinetta Speciale 完成品

完成品製作はニーミー。
製作の際に、キャノピーの開閉ヒンジをハンダで補強したそうです。

自分で完成品の製作はしていないので、毎回出来上がるを楽しみにしているのですが、

特に、この"512S Berlinetta Speciale"は自分が作ったキットながら
1/24のスケールの完成品で目の前にして感激してしまいました。

そして、この時エンジンを作ったのは、もう1台の512Sベースのショーカーのためでもあり
SMP24再開した時には、ぜひこれともう1台をならんだ姿を見るのを自分自身楽しみにしています。

512S_完成品001


512S_完成品002


512S_完成品003


512S_完成品004


512S_完成品005


512S_完成品006


512S_完成品007


512S_完成品008


512S_完成品009

SMP24-第8弾キット 1/24 512S Berlinetta Speciale その2

2014年、"512S Berlinetta Speciale”では、新たな試みとして
プロポーションキットでありながらエンジンを3D設計している。
この車、エンジンフードのルーバーや室内のリアウインドから
エンジンがチラリと見えてしまうのと、
ボディ後端が跳ね上がるようなデザインで下からギアボックスが見えてしまう。
やはりエンジンは欲しいと考えていたところ、
3Dプリンターを試させてもらう機会があり思い切って製作した。
久しぶりに3Dでのエンジン設計!楽しすぎてこの後も何かとやりすぎる事になる・・・

512S_023.jpg


512S_024.jpg


512S_025.jpg

エッチングには、タイヤ用のテンプレートも

512S_026.jpg

もちろんシートのチェック柄もデカールで用意。

512S_030.jpg


512S_027.jpg

エンジンは仮組みするとこんな感じに!

512S_028.jpg


512S_029.jpg


512S_031.jpg

SMP24-第8弾キット 1/24 512S Berlinetta Speciale

2014年最初のキットとなったSMP24-第8弾キットは、これぞスーパーカー!!
1969年トリノショーで登場した、
Pininfarinaの"512S Berlinetta Speciale”です!!

1970年にグループ5でデビューする512Sをベースにしたショーカーで、
365GTC/4などを担当した”フィリッポ・サピーノ”のデザインです。
しかし、翌年(1970)のジュネーブショーでパオロ・マルティンのデザインした
"モデューロ"の登場で影が薄くなった・・・そんな1台です。

とはいえ、スーパーカーブームの時は、こちらの方が印象が強く、
AUTO PILENのミニカーはお気に入りの1台でした。

512S_0001.jpg


512S_0002.jpg

今回も制作風景をご紹介!

512S_001.jpg


512S_002.jpg

いつもどうり、プラ板とパテで大体の形をだしたら

512S_003.jpg

細かく面を修正してゆきます。

512S_004.jpg


512S_005.jpg

ここで、全幅を間違って作っていたことに気付き修正!!

512S_006.jpg

もちろんキャノピー開閉できるよう切り離します。

512S_007.jpg

インテリアのシャーシーのベースを作成します。

512S_008.jpg

インパネやシートを合わせます。

512S_010.jpg


512S_011.jpg

この段階でもプロポーションを細かく修正しています。

512S_012.jpg

バルクヘッドも合わせてインテリアの仕上げをしてゆきます。

512S_013.jpg


512S_014.jpg


512S_015.jpg


512S_016.jpg


512S_017.jpg

これでインテリアは完成ですが、このあとエッチングの合わせが待っています。

512S_018.jpg


512S_019.jpg

エンジンフードのルーバーのエッチングの合わせ

512S_020.jpg

リアウインカーの間のルーバーも合わせてボディ後端の形状も修正

512S_021.jpg

最後に謎だったドアとエンジンフードのオープナーの画像がやっと見つかり
キャノピーとエンジンフード間にスジ彫りとキーシリンダーはエッチングで用意しました。

512S_022.jpg

これで、各部さらに仕上げて原型作業は終了です。

SMP24-第7弾キット2002turbo-その2

SMP24第7弾キット"2002turbo”キット製作としては試行錯誤の真っ最中!
少しずつですが、3Dパーツと手原型の組み合わせを進めていました。

2002turbo_025.jpg

2002turbo_020.jpg

2002turbo_019.jpg

エッチングは、今回も色々と楽しんで作れるよう
ディティールアップ用のパーツや2002tiのパーツも入れてます。

2002turbo_024.jpg

窓枠もエッチングで再現。

2002turbo_023.jpg

2002tiのグリルも!!

2002turbo_022.jpg


2002turbo_028.jpg


2002turbo_021.jpg


2002turbo_026.jpg


2002turbo_027.jpg

SMP24-第7弾キット2002turbo

前作"914"に続き、足回りやエンジンなど省略したキット構成で
企画された第7弾キット"2002turbo"

色々な制約があった中、キット構成に試行錯誤していた時期の作品でもあります。

"2002turbo"は、スーパーカーかと言う人もいると思うのですが、
量販車初のターボ車(シボレー・コルヴェアなどオプション設定の車はあったが)
やはりラインナップに入れておきたい1台でした。

そんな"2002turbo"の製作記です。

2002turbo_001.jpg

まずは、いつものようにプラ板は箱組み

2002turbo_002.jpg

ざっくりパテを盛ります。

2002turbo_003.jpg

ドアやホイールアーチを描いて面出ししてゆきます

2002turbo_004.jpg

とにかく出来るだけ色々な角度の画像で確認!
2002turbo_005.jpg

まずノーマルの2002の形状を出します。

2002turbo_006.jpg

そして、2002turbo のフロントスポイラーとオバフェンを付けるのですが、
この時、集めた画像に多く見られるアフターパーツのフェンダーと
オリジナルのフェンダーは少し形状が違うので注意が必要です。

2002turbo_007.jpg

ボディが大体出来上がったら、シャシーとインテリアのベースを作ります。

2002turbo_008.jpg

シートなど全体のバランスを確認しながら製作してゆきます。

2002turbo_009.jpg

原型製作には欠かせない彫刻刀、必要に応じて今でも増えてゆきます・・・

2002turbo_010.jpg

全体のバランスを取ったら細部を作り込んでゆきます。

2002turbo_011.jpg

ここまで出来上がればあとは仕上げできれいに仕上げてゆきます。

2002turbo_012.jpg

シャシー裏面もこんな感じでこのあとは仕上げ作業へ

2002turbo_013.jpg

内装の構成が終わってからボディは最終の面出しへ。

2002turbo_014.jpg

再度、細かい造型を微調整。

2002turbo_015.jpg

ボディの面出し終了!ボディの作業だけで約1週間くらい時間をかけます。

2002turbo_016.jpg

窓枠など仕上げ、シャシーインテリアも完成!!

2002turbo_017.jpg

これで手原型の作業は終了!!

2002turbo_018.jpg
プロフィール

SMP24@TAKA

Author:SMP24@TAKA
車模型師
SMP24というブランド名で1/24の
スーパーカーのガレージキットを
製作しています。
以前はガレージキットメーカーで
3D設計をしてました。
趣味はロードバイク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR