SMP24-第7弾キット2002turbo

前作"914"に続き、足回りやエンジンなど省略したキット構成で
企画された第7弾キット"2002turbo"

色々な制約があった中、キット構成に試行錯誤していた時期の作品でもあります。

"2002turbo"は、スーパーカーかと言う人もいると思うのですが、
量販車初のターボ車(シボレー・コルヴェアなどオプション設定の車はあったが)
やはりラインナップに入れておきたい1台でした。

そんな"2002turbo"の製作記です。

2002turbo_001.jpg

まずは、いつものようにプラ板は箱組み

2002turbo_002.jpg

ざっくりパテを盛ります。

2002turbo_003.jpg

ドアやホイールアーチを描いて面出ししてゆきます

2002turbo_004.jpg

とにかく出来るだけ色々な角度の画像で確認!
2002turbo_005.jpg

まずノーマルの2002の形状を出します。

2002turbo_006.jpg

そして、2002turbo のフロントスポイラーとオバフェンを付けるのですが、
この時、集めた画像に多く見られるアフターパーツのフェンダーと
オリジナルのフェンダーは少し形状が違うので注意が必要です。

2002turbo_007.jpg

ボディが大体出来上がったら、シャシーとインテリアのベースを作ります。

2002turbo_008.jpg

シートなど全体のバランスを確認しながら製作してゆきます。

2002turbo_009.jpg

原型製作には欠かせない彫刻刀、必要に応じて今でも増えてゆきます・・・

2002turbo_010.jpg

全体のバランスを取ったら細部を作り込んでゆきます。

2002turbo_011.jpg

ここまで出来上がればあとは仕上げできれいに仕上げてゆきます。

2002turbo_012.jpg

シャシー裏面もこんな感じでこのあとは仕上げ作業へ

2002turbo_013.jpg

内装の構成が終わってからボディは最終の面出しへ。

2002turbo_014.jpg

再度、細かい造型を微調整。

2002turbo_015.jpg

ボディの面出し終了!ボディの作業だけで約1週間くらい時間をかけます。

2002turbo_016.jpg

窓枠など仕上げ、シャシーインテリアも完成!!

2002turbo_017.jpg

これで手原型の作業は終了!!

2002turbo_018.jpg

SMP24-第6弾キットは914-完成品

"914"完成品、製作はもちろん完成品担当のニーミーさんだが・・・
やっちまった!!
頼んでもいないのに勝手にSLに改造!!トレーラーまで作って?!
しかもデカール作らされるはめに・・・

という訳で、完成品サンプルが異例の改造品に!

914完成品_001


914完成品_002


914完成品_004


914完成品_005


914完成品_003

SMP24-第6弾キットは914-その3

914製作時、まだこの頃はコスト的にも3Dプリントを多用できなかったので
ホイール・レンズ・ステアリングのみだった。ホイールは2種類!

914_023.jpg


914_024.jpg


エッチングは前期・後期やエンブレムも各種出来るだけ詰め込みバリエーションごとに
細かく選べるようにしておきました。

914_025_02.jpg


これで全てのパーツがそろったので複製作業

914_018.jpg

前回のハラマSと比べシンプルなパーツ構成ながら
その後のディティールアップにも対応できるようにしました。

914_021.jpg


914キット_002


914キット_004


914キット_003

SMP24-第6弾キットは914-その2

こうしてSMP24キット第6弾は"914”に決定したのだが、
資料集めは、常に数台同時進行で集めており、この時点である程度資料は揃っていたのと
今回は、プロポーションキットと言う事もありすぐにスタートできた。

展示会2日間でザックリと作ったボディを細かく修正してゆく。
まずは面出し、

914_001.jpg

面を修正したらかるくスジ彫りしいろいろな角度の画像と比較し気になった所は、
またパテを盛り面だしとこれをしつこく10数回繰り返す。

914_002.jpg

次にシャシーとインテリアのベースを作る。
914_003.jpg


914_004.jpg


914_005.jpg

エンジンレスのプロポーションキットだが、もちろん板シャーシーは使わず
手持ちのカルマンギアからエンジンを引っ張り出し、それを載せれるスペース作っておく。
やりたい人は、エンジン載せて楽しんで欲しい!!

914_006.jpg


914_007.jpg


914_008.jpg

シャシーのベースが出来た所でインテリアの仕上げへ

914_009.jpg

まずは、シートをスジ彫りし易いよう分割。

914_010.jpg

インテリア各部も作り込んでゆく。

914_011.jpg

インテリアはこんな感じで仕上げまでもう少し!

914_012.jpg

ルーフとピラーも細かく修正しながら作り込んでゆく。

914_013.jpg

完成が近づいて来るとちょっとした違いに気付く事がある。
このときは、ボンネットのふくらみをほんのわずか削り直し、それだけでも表情がずいぶん変わって見える。

914_014.jpg

これでボディとインテリアはほぼ終了!!
914_015.jpg

エンジン・足回りは再現しないけどせめてシャシー裏面だけは再現!

914_016.jpg

細かいパーツも作ってこれで手原型は終了です。

914_017.jpg


914_019.jpg


914_020.jpg

SMP24-第6弾キットは・・・○○○-その1

2013年SMP24キット第5弾のハラマSの生産を終え次回作の製作に取り掛かった。
まだSMP24ブランドを起ち上げる前、キットしては未完成のまま送り出してしまった、
第1段キットのウラッコを全面改修してエンジン付きのフルディティールキットとして
送り出したいと考えていた。

uracco_001.jpg


uracco_003.jpg


uracco_002.jpg

しかし、前作ハラマSでコストが掛かりすぎ、さらに価格も上がったため売行きも・・・
このまま、次も手間やコストも掛かるフルディティールキットは難しいか・・・

そんな時、地元の"道南地域模型愛好家寄合展示会"でフルスクラッチの実演をする事になった。
2日間でカーモデルのボディをプラ板とパテで形にして行くのだが、
模型の知識がない人でも単純に形が出来上がっていくのは興味深いようで
モデラーよりも一般の方が色々質問してきたのは嬉しい誤算だった。

この時の実演で、製作したのが"914"である。
Revellの1/25で名作キットはあるものの少し細身で1/24ではインジェクションキットはない。
個人的には"X1/9"と1/24で並べてみたいとずっと思っていた車種だった。

展示会はじめ


展示会終了

2日間の実演、作るのに夢中で製作中の画像を撮るのを忘れていたので
始めと終わりの2枚しか残ってなかった・・・

こうしてウラッコの製作が難しい中、急遽この"914"を
プロポーションキットとして製作することに決定した!!
プロフィール

SMP24@TAKA

Author:SMP24@TAKA
車模型師
SMP24というブランド名で1/24の
スーパーカーのガレージキットを
製作しています。
以前はガレージキットメーカーで
3D設計をしてました。
趣味はロードバイク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR