いまさらカウンタック(その2)

ランボルギーニのチーフエンジニアとなった天才パオロ・スタンツァーニ
当時の最新の技術を取り入れて行き、
当時、モデナでは馬車時代から専門業者があったこともあり
鋼管フレームが主流だったのだが(フェラーリは1989年の412まで鋼管フレーム)
ウラッコでアウタースキンまで溶接一体化した近代的なモノコックにしてしまう!

そんなパオロスタンツァーニと奇才マルチェロ・ガンディーニ
が挑んだカウンタックでいくつかの誤算が・・・

1971年に発表したプロトタイプLP500ももちろん鋼板モノコックを取り入れるのだが
あまりにも凝った構造ゆえ、重量がかさんだのと手間が掛かりすぎるため
市販のLP400では、モノコック部分を細い鋼管をトラス構造を基本に緻密に組み上げ、
結果あの独特のオーバークオリティの工芸品のようなフレーム構造になってしまたのだ!

もう一つ誤算が!高速走行時のリフトだ!
リアにあるラジエターから入った空気がエンジン・コンパートメントに溜まって
車体を浮き上がらせるという説もあるが、
スタンツァーニの話では、根本の原因はボディ形状自体を
あまりにも綺麗な翼断面形状にしたためだという。

当時はまだ風洞がなく、揚力の観察が難しい中
実走テストで空気の流れを整えていったので余計に
翼断面効果を生んでしまってということらしい。

しかし、そんな誤算の結果カウンタックは
高剛性の工芸品のようなフレームと
あの美しいボディを手に入れることになったのだが・・・

やはり納得のいかなかったのは
パオロスタンツァーニとマルチェロ・ガンディーニの二人だろう。
ある車でリベンジをはたそうとするのだが・・・
それは、また別の話・・・

LP400.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SMP24@TAKA

Author:SMP24@TAKA
車模型師
SMP24というブランド名で1/24の
スーパーカーのガレージキットを
製作しています。
以前はガレージキットメーカーで
3D設計をしてました。
趣味はロードバイク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR