"さぶろく模型化計画二四"誕生-R360クーペ・フロンテクーペ-その4

R360クーペとフロンテクーペの2台同時進行で始まった"さぶろく模型化計画二四”
3D出力のパーツも以前より多用し無事完成!!

さぶろく_108


さぶろく_102


さぶろく_103


さぶろく_107


さぶろく_106

地元の模型展示会の1週間前に出来上がった2台のキット
まだインストが出来上がっていない中、
いつもお世話になっている model cars の作例でも活躍する、
『NostalgicMemory』管理人Takuさんが1週間で2台!!
展示会に間に合わせ完成させてくれました!!

さぶろく_101

さぶろく_104

さぶろく_105

そして、このあともう一つ嬉しい事が!!
フロンテクーペが308GT4に続き"model cars"の作例で掲載されました!!
しかも作例を担当してくれたのは、憧れの北澤 志朗 さんではないですか!!
素晴らしい仕上がりキット製作者冥利に尽きます!
"model cars"編集の方々、北澤さんに感謝です!

さぶろく_109


さぶろく_110


さぶろく_111


さぶろく_1121

スポンサーサイト

"さぶろく模型化計画二四"誕生-R360クーペ・フロンテクーペ-その3

今回はR360クーペの3Dパーツ制作です。

このR360クーペは1960年に発売、フロンテクーペの11年も前になります。
軽合金ボンネットやエンジンにはアルミ合金やマグネシウム合金を採用、
リアウインドウはアクリルなどの軽量化で国産最軽量の360kgを実現!
当時は実用車が主流だった中、軽スペシャリティクーペの先駆けとなった1台です。

R360C3D_001.jpg

足回りは、ピボット部に内装されたゴムの弾性を利用するナイトハルト式「トーションラバースプリング」の
トレーリングアームにオイルダンパーを装備したの四輪独立懸架を採用。

R360C3D_002.jpg


R360C3D_003.jpg


R360C3D_004.jpg


R360C3D_006.jpg

ドア内張りは、初期型と後期型を2種類用意しました。
もちろんそれに合わせて窓枠はエッチングでも2種類入っています。

R360C3D_005.jpg


R360C3D_007.jpg


R360C3D_008.jpg

"さぶろく模型化計画二四"誕生-R360クーペ・フロンテクーペ-その2

さぶろくシリーズの製作は、その後のキット製作の為の挑戦でもありました。
その小さなボディにどうやって1/24のディティールを収めようかと、
シャシー・足回りを含め1台の車をどうキット化しようかと試行錯誤で、
その後の手原型と3Dを使ったキット製作の原点にもなった2台です。
まだまだ、未熟な所も多かったですが、とても大切な小さなスーパーカー達です。

まずは、フロンテクーペの3D製作から。
グリルとライト、今までのスーパーカーと比べると
まるで1/32のスケールを作っているようでした!!

フロンテクーペ3D_001

フォグライトも再現。

フロンテクーペ3D_002

足回りは、そのまま再現すると強度不足もあり作りやすさも考え
一体化しています。

フロンテクーペ3D_003


フロンテクーペ3D_004

6連メーターはエッチングで再現!!
そしてスイッチ類の頭もエッチングでやっちゃいました!!
見るだけでも楽しめるかなと・・・

フロンテクーペ3D_005


フロンテクーペ3D_013


フロンテクーペ3D_006


フロンテクーペ3D_007


フロンテクーペ3D_008

小さなさぶろくですが、1台の車を作る楽しみを
どうやって1/24のキットで再現出来るか、
当時出来ることを詰め込みました。
2台同時製作で大変だったはずなのですが、
キットを製作してる側が楽しんでしまっていました。

フロンテクーペ3D_009


フロンテクーペ3D_010


フロンテクーペ3D_011


フロンテクーペ3D_012


次回は、R360クーペの3Dパーツ編へ!!
プロフィール

SMP24@TAKA

Author:SMP24@TAKA
車模型師
SMP24というブランド名で1/24の
スーパーカーのガレージキットを
製作しています。
以前はガレージキットメーカーで
3D設計をしてました。
趣味はロードバイク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR